すぐ対処すべき!モルタル外壁で発生する雨漏りの原因と修理方法
  • 「古い建物でモルタル材が使われているけど、雨漏りの修理はどうすればいいのか?」
  • 「自分では出来ないの?」

    近年では、サイディングと呼ばれる外壁材がトレンドですが、古い建物にはモルタルと呼ばれる外壁材が使われていることが多いです。
    また、モルタルはちょっとした壁面の欠けや割れ、穴などの補修材に使われたり、 防水層の下地としても使われます。?

    モルタルは、「セメント」と「水」と「砂」を混ぜたもので作られます。

    近年では防水性の高いモルタル材も開発されていますが外壁にひび割れが起きたり欠損などが起きるとそこから雨漏りが発生してしまいます。

    この記事では外壁材としてモルタルが使用されている建物で雨漏りが起きた場合の、原因や修理についてお伝えしていきたいと思います。

    本記事の執筆者

    • 施工管理経験3年
    • 改修工事現場において雨漏り・漏水補修や防水工事の現場管理に従事

    【07月31日 15時20分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。お気軽にご相談ください。
    【07月31日 15時20分現在】
    お電話すぐに対応いたします。

    モルタル外壁で雨漏りが発生する原因

    それでは、はじめにモルタル外壁ではどのような原因で雨漏りが起こるのか見ていきましょう。

    雨漏りの原因はモルタル外壁の「ひび割れ」が多い

    モルタル外壁の雨漏り原因

    モルタル外壁から雨漏りをしてしまう原因で多いのはクラックと呼ばれるひび割れが起こり、そこから雨水が浸入してしまうというパターンです。
    素材の性質上、モルタルは耐久性や防水性の高い材料ですが、ひび割れが起こりやすくなっています。

    そのため、以下のようなことが原因でひび割れが発生してしまう場合があります。

    ひび割れが起きる原因
    • 地震などの外部からの衝撃
    • 経年劣化
    • 極端な乾燥、あるいは雨などの湿気による耐久性の劣化
    • 施工不良

      塗装などが劣化してモルタル外壁がむき出しになることで、 耐久性が下がってしまうこともあります。
      そのため、定期的に塗装を塗り替えるなどのメンテナンスが必要になってきます。

      モルタル外壁のひび割れの見分け方

      一口にひび割れと言っても、全てのひび割れから雨水が侵入してくるわけではありません。

      3mm未満のひび割れ

      幅が3mm未満のひび割れに関しては、塗装や仕上げ材の乾燥により発生する場合が多く、雨漏りする可能性が少ないです。

      髪の毛ほどの細さのひび割れのため「ヘアークラック」と呼ばれています。
      ヘアークラックは建物のいたるところで起こりやすく、発見したからといって早急に補修が必要なわけではありません。

      モルタル部分にまでひび割れが起こっている場合も少ないですが、進行するとさらにひび割れが深くなる場合もあるので定期的な確認が必要であると言えます。

      3mm以上のひび割れ

      幅が3mm以上あるひび割れに関しては注意が必要です。

      特に深さが4mm以上のものは構造クラックと呼ばれ、モルタル材だけでなくその下にある防水シートや木材なども破損している場合があります。
      そのため、構造クラックのある部分は雨漏りの原因箇所になっている場合が多いです。

      こうしたひび割れを発見した場合、なるべく早めに補修を行わなければなりません。

      ひび割れ以外のモルタル壁の雨漏りの原因

      モルタル材を使用した外壁からの雨漏りの原因は「ひび割れ」が多いと解説しましたが、それ以外の原因はどうでしょうか?
      その他の原因として、3つ見ていきます。

      モルタル壁の「経年劣化」

      モルタル外壁は、新築時の施工より、3~5年を過ぎると少しずつ劣化してくると言われています。
      劣化することで以下のような流れで雨漏りに繋がってしまいます。

      1. 新築時に塗装された塗料が紫外線により劣化する
      2. 外壁の塗料の劣化につれて、防水機能がなくなる
      3. 防水機能を失ったモルタル外壁は、水分を吸い込むことでコケが出たりひび割れなどの症状を起こす
      4. 雨漏りが発生する

      外壁の塗料が劣化のサインは、 水をかけた時にじわっとしみのようなものができたり手に粉がついたりすることで見つけることができます。

      外壁の防水機能を保つためにも数年に一度、外壁塗装の塗り替えが必要だと言えるでしょう。

      モルタル壁の「塗装剥がれ」

      前述したようにモルタル外壁の塗装は経年により劣化していってしまいます。

      しかし、耐用年数が経たないうちに、地震や強い外力、天候などによってひび割れが起き、そこから少しずつ塗装が剥がれてしまう場合もあります。
      ヘアークラックは頻繁に起きやすく見つけたからといってすぐに補修する必要はないと前述しました。

      しかし、ヘアークラックを起こした部分は雨水や外力の影響を受けやすく劣化しやすい状態にあると言えます。
      劣化してきた塗装が剥がれてしまうと、こうした雨水や外力の影響をモルタル部分が直接受けてしまうため、モルタル自体も劣化しやすくなり、雨漏りの原因となります。

      モルタル壁の「浮き」・「欠損」や「施工不良」等も!

      モルタル壁の「浮き」と「欠損」

      ひび割れや塗装剥がれ以外にも、モルタル壁には欠損と呼ばれる状態が起こる場合があります。

      欠損とは、劣化したモルタルの一部が欠けてしまい、穴や隙間を生じてしまう状態のことをいいます。
      この状態になってしまうと、場所によってはひび割れよりも多量の雨水が進入してきやすくなり、建物の劣化を早めてしまいます。

      大地震などが起こり、広範囲のモルタルが剥がれ落ちるのは「剥落」といって、モルタル壁の形成を一から行わなければならなくため、大規模な修繕工事となってしまいます。

      モルタル壁の「施工不良」

      施工不良によって雨漏りが発生する場合もあります。

      モルタル材には、メーカーによりそれぞれ配合比率が決まっています。
      そして、施工の際には水と混ぜ合わせて使用します。

      この配合比率や、水を混ぜる量が適切でないと、質の悪いモルタル材になってしまいます。
      そういったモルタル材を使用してしまうと、耐久性や防水性に問題が出てきます。

      そのため、信頼の高いメーカーのモルタル材や 、施工業者選びが重要になります。

      モルタル壁の雨漏り修理は自分で出来る?

      モルタル壁で雨漏りが起こった場合の修理の工程

      3mm未満のひび割れ、3mm以上のひび割れ、浮き、欠損の修繕工事の工程をそれぞれ解説していきます。

      3mm未満のひび割れ

      カチオン系の補修材で、ひび割れに補修材を擦り込み、塗装で仕上げます。

      3mm以上のひび割れ

      外力に追従できるよう、ひび割れ部分をウレタンシーリング材等で埋めてから塗装で仕上げます。

      更にひび割れの幅が広い・深い場合は、サンダーでV字カットをしてから、プライマー塗布を行い、シーリング材を充填、塗装で仕上げます。
      ひび割れの幅が狭くても、深さがあるような場合は、エポキシ樹脂の注入工事を行う場合もあります。

      浮き部分の補修
      1. 外壁の打音検査を行い、浮き部分にマーキングをする
      2. モルタルの浮き部分にコンクリート躯体まで達するようにドリルで穴を空ける
      3. 穴に残ったモルタルの粉じんをエアーで飛ばしてからエポキシ樹脂を注入する
      4. ステンレス製の全ネジピンを挿入し、ピンにもエポキシ樹脂を塗布する
        欠損の補修
        1. モルタル外壁の欠損部周辺の弱くなっている部分をハンマーで叩いたり、ハツリなどを行い、綺麗な状態にする
        2. プライマーを塗布し、ポリマーセメントモルタルや、エポキシ樹脂モルタルを充填し、成形して仕上げる
        3. 鉄筋部が露出している場合は、鉄筋のサビをワイヤーブラシなどで取ってから防錆処理を施した上で、欠損補修をする

        モルタル壁の雨漏り修理は自分で出来る?

        モルタル壁の修理の工程をご紹介してきましたが、いずれの工事も専門的な知識や技術が必要となり、材料選びも慎重に行う必要になります。

        もちろん、自分で応急処置的な事ができるに越した事はないのですが、モルタル外壁が原因による雨漏りが起こった場合は、素直に専門業者に依頼するのが得策でしょう。

        以下の記事では、雨漏りの修理業者の正しい選び方を解説しているので、是非参考にしてみてください。

        まとめ

        まとめ

        今回はモルタル外壁で雨漏りが発生する原因と修理の工程を紹介してきました。

        おさらいするとモルタル外壁で雨漏りが発生する原因は以下の通りです。

        モルタル外壁で雨漏りが発生する原因
        • ひび割れ
        • 経年劣化
        • 塗装の剥がれ
        • 浮きと欠損
        • 施工不良

        モルタル外壁の劣化は、意外と見落としてしまう部分があったり、雨漏りの原因だと気づかない場合もあるので、定期的な検査を行い、適切な対策を取っておく事が重要です。
        また、修理する際は、ご自身でやるよりも専門の修理業者へお願いするのがベストです。

        雨漏りで困っている際はお気軽にリペアルーフへお問い合わせください。

        【07月31日 15時20分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。お気軽にご相談ください。
        【07月31日 15時20分現在】
        お電話すぐに対応いたします。